KAKETAN.COM

Feed

2018年05月23日

API の実装とテストに時間がかかってしまった。とくにレスポンス JSON をもとに react 側でエラーメッセージを表示するため、どういったステータスコードを返すかや、エラーメッセージとしてなにが適切か、エラーメッセージを返すための例外処理の変更に苦労した。

開発を離れていった人の実装、たとえば post のときに id に -1 が渡ってきている、アクションごとに StandardError を握りつぶして puts e している、親子関係にあるリソースを nest attributes で登録せずに個別にひとつの transaction 内で行なっている…などがあり、それをいい感じにしながら修正しつつテストを書いていく必要があったので大変だった。とくに子供を更新するついでに親も更新するみたいな設計(ひとつのアクションの中で複数のリソースについてそれぞれパラメータを渡して更新する)に参画時からなっていて、厳しいまま、気合いで乗り切っている感はある。

上記のことに加えて、ユーザの権限によって一部の動作を forbidden にする必要もありなかなか大変だった。

2018-05-23 19:01:00

2018年05月21日

リモート朝会後、クライアント先へ。 昼はいつものゆで太郎の後にアジカンのライブチケット購入・受取。

昨日、友達と飲む約束だったけど体調崩した人がいたから再来週に延期になった。なんとなく空虚だったから彼女と通話。夜の散歩兼買い物をしながら、最近ネットをつうじて人が離れていくことを感じていることなどをお話しする。ちょっと通話しようとか言って1時間近く話してしまうからあまりよくない。甘えてしまっている。

ライブ一緒にいけたらいいけど、隣に彼女いて緊張してノリノリになれなそうだから、一緒に行きたくない。 このように人は恋愛をするとチンパンジーみたいな脳になり、一日中人狼の動画を見て1日を無駄に(有意義に)過ごしてしまったりする。人のせい。

2018-05-21 19:38:58

2018年05月19日

ニコニコ動画で人狼の動画を見まくる。 あとチケット争奪に成功。明日は友人との飲み。そんな休日。

2018-05-20 00:44:17

2018年05月17日

なんとも悲しい話。でも自分一人では気づかない話。だからこそ誰かを求めてしまう話。

久しぶりにお酒をあおり、色々と泣きそうになってしまった。まるで俺は最俺のヒラのように。自分のキャラクターというのは関係性の上に成り立つように。ウーロンハイが苦手なように。

まだ俺は自分のことを肯定できるので、消極的な幸せを感じるように。

こんな時間に彼女のことを想うのは、誰のためのことなのだろうか。彼女に嫌われないようにすることが誰のためにもならないように。

人と人の関係は生ものだから美味しく、苦々しい。

女性にキモいとか言われて飲むお酒はまずかった。おわり。

2018-05-18 00:09:46

2018年05月16日

8時間以上寝たけど気づいたら10時を目の前にしていて、リモートで朝会参加。いつもの平日。

OSS活動のため ActiveDecorator のコードを読む。Singleton を include することでひとつのインスタンスだけもつ class のインタフェースを実現できる。あとは、alias_method_chain ってのがあってオリジナルの実装を without 付きのメソッド名で呼んで、新規追加したメソッドを with 付きのメソッド名で呼ぶみたいなやつ。 まあまあ勉強になった。

今日やったことじゃないけど、React で使うための API を作ることはしばしばあって、当初使われてた方式、 as_json に method や include のオプションつけて json を整形するやつで実装されてるのを放置してたりしていて。そこから、Grape の entity を改めて見たり、いろんな記事見て JsonWorld だっけ、r7kamura さんの gem みたり、GraphQL が REST ととは違う、Query Language でなるほどーみたいな。そういうことを学びながら仕事できててよい。

これまであまりスムーズに読めなかった前の会社のコードを思い出しながら、あーあれはこういうことをやってたんだなぁみたいなことを振り返りながらコードを書いている。ひとつ言えることはプログラマとしては確実に成長を続けているので、おれはえらい。別に義務でもなんでもなく、間違ったコードや汚いコードは書きたくないってのと、ちょっとずつ表現の仕方が変わっていってる(いい方向だといいね)感が楽しいから続けられてるなあ。

2018-05-16 19:40:01

2018年5月15日

久しぶりに10時にオフィス着。気づいたらフツーの社員みたいな生活してて、なんか違うなと思った。

今月の目標は外のコミュニティへとつながり存在感を出すことだけれど、現状10点もあげられない。 夜に湯船に浸かること、プロテインを飲むことは習慣化できているが、1日のやることを考えることなど腰を据えて人生に取り組むことに怠惰である。

今週は人とまあまあ会うし、それをキャパにいれながら開発やってるから、まあ、頑張ってるっちゃ頑張ってるけど。

いま開発してるサービス落ち着いてきてるし、別でなにかやる必要性を感じている。自分の時間つくらないとな。

2018-05-16 11:53:09

2018年05月12日

FF14の中で彼女のリア友とチャットするという臨時クエストを Accepted. 敷布団を発送したり、マックスむらいの人狼動画を見たり、SENSORS の落合陽一の動画を見ながら昼寝したり、KANA-BOONとアジカンの対バンチケットを買ったりした。のんびりできた。明日は勉強したい。

2018-05-13 00:51:45

2018年05月11日

リモートワーク3日目がおわり。react や saga 、 redux がどういうのかわかってきたけど、コンポーネントや State, props あたりがよわよわなので、State の初期化とかまだ不慣れ。

土日は布団を発送したり、習い事決めたり、テーブル設計の勉強したり、彼女とFFしたりするぞ。 彼女に好きってメッセージ送ったら、好きって返ってきて、もしかして俺たち両想いなのかもと思った。幸せだ。本気で努力したり、本気で熱量を注げば願いは叶わなくはないと感じてしまう人生だなあ。勝算しかない。

2018-05-12 01:24:12

2018年05月08日

人生で今が1番幸福度が高いと感じる。満たされないこともあるけれど、欲しいと思うものをほとんど手にしてきた。お金はフリーランスになってから困ることはなくなったし、そうすると、特に満たされないなと感じることは人間関係の部分が多い。

俺は人間が好きだからだからこそ人に嫌われるのが怖いと感じてしまうのかもしれない。そのような恐怖についてちょっと前の日記に長々と音声入力で書いたけれども、今はその恐怖から目をそらすことができている。1つのきっかけとしては彼女の存在が大きい。

のろけるつもりは全くないのだけど、俺の彼女はすごく可愛い。それはいわゆる見た目がかわいいのかわいいだけじゃなくて、謙虚さがあるとか、好きなものにはまっすぐとか、控えめとか、素直なとことか繊細なとことか相手の気持ちを考えるとことかそーゆーかわいいが溢れている。 なんとなくそういったことをSNSの言葉や実際の彼女の声などを聞いて感じ取りどんどん好きになっていった。

好きになると嫌われることがすごく強くなるけど、それでも好きの気持ちには変わりは無いから、がんばって仲良くしようとした。というかしている。 これは継続中なんだけれど、ちょっとずつ仲良くなっているような気がしていてすごく嬉しい。実はゴールデンウィークに彼女とデートして、結構数年ぶりに自分が素でいられた瞬間があった。まぁいつも素でいるのだけれど、特に「甘える」という点においてはなかなか人に甘えることができないので、彼女の前で甘えることができたことが個人的にはすごく嬉しかった。 それは俺が頑張ったと言うよりは彼女がそーゆー俺を引き出してくれたということをであると思っているのでとてもうれしい気持ちになっている。

彼女と会った日のことを思い出しながらニヤニヤしていると人生って最高だなぁと感じるしもう何も欲しいものはないなと感じてしまうところがある。そういったこともあってなんだかふにゃふにゃした生活を送っている。もちろんちゃんと仕事をしているけれど、俺の頭の中はゴールデンウィーク中以上にゴールデンウィークな感じになっている。

そういうこともあって、いまは、彼女との関係が良好であれば他に何もいらないのではないかと感じてしまうくらいある。それで冒頭の話になるのだ。

とはいえこの幸せがいつまで続くかと言う事は全く予想がつかないものであって、それは予想がついてしまっては面白くないものでもあるので、何とも言えないものではありますが、今の俺が言えることとしてはこの幸せがずっと続けばいいなと言うことです。そして今この環境をモチベーションにするなら、彼女のいや彼女との付き合いをより良くするための手段として自分の生活をより豊かにしたりお金を稼いだりすることかなと思います。

マジで惚れたほうが勝ちだと思うよ。

2018-05-08 23:13:48

2018年05月07日

記憶を遡ると、嬉しいことを思い起こし、幸せな気持ちになる。

2018-05-08 11:58:08