KAKETAN.COM

2018年01月04日

仕事始め

今日から仕事が始まる人がいるなか、10時ころに起きて、ゴミ出しをしたり、キヨのマリオメーカーを見返したり、体重を測るなどした。
決して孤独は感じないが、皆が働いているときに家でだらだらしているのは不思議な感覚だ。
家にいながら、たいして有意義な時間を過ごしているわけでもないが、それにしてももう少しみなが柔軟に働く場所や時間を選べたりする世の中は早く訪れないものかなあと思ったり、働くことは生きることの一つの選択肢だと感じられるような環境にならないかなあと考えたりする。
新しい仕事が決まっていないのにのんきな話である。

開発

午後は KAKETAN.COM の開発。
twitter card を追加したり、これまで note として投稿してきたものをその性質から diary に変更したりした。
今年は、1日1行でもいいからその日やったことや感じたことを書いていきたい。

学習

英単語帳を 7p/day と英文法の本を 5p/day 読むことを習慣化しようとしている。3ヶ月でそれぞれ 1 冊が終わる計算。今日で二日目。
昔ターゲット 1900 で見たことがあるような単語が並んでいて懐かしい気持ちになる。
青学一直線に出演するひとりみたいな感覚で学習をしている。

プログラミングインストラクター

質問を頻繁にする生徒にあたったので、しばしば回答をしている。
フロントに興味のある人なので html や css についての質問で、まだ簡単なほうだからよいものの、進捗があれば難しい質問も出てきそうで不安である。
特に JavaScript は教えられるレベルにもないので、彼女が HTML/CSS を終える前にもっと学習しておかねばならない。
生徒を担当するときに、関心のある分野がフロントエンドかバックエンドか注目する必要があるなと気づいた。

映画

ツタヤまで散歩して、家に帰ってきてチョコを食べながら Amazon ビデオで『プラダを着た悪魔 (字幕版)』をみる。

人生におけるワクワクと恐怖

「彼氏が欲しいけど、嫌われるのが怖いから親しくなることを拒絶している」みたいなことを呟いている友だちがいて、たしかにそのとおりだよなと思う。
愛の告白をするときに、拒絶されて振られることの恐怖はもちろんあるが、成功してしまうこともまた恐怖なのである。
なぜなら、未来がどうなってしまうかわからず強い不確実性に襲われてしまうからである。
したがって、僕たちが本当に望むものは、どこかしら恐怖も内包しているものであるだろうと思う。
恐怖とワクワクの両面を意識的に切り替えながら強かに人生を歩んでいきたい。

2018-01-04 22:42:04