KAKETAN.COM

2018年01月09日

インストラクター業をやったり、エージェントの窓口の人のインタビューを受けたり。

エージェントのインタビュー

インタビューでは簡単な説明と、幾つかの質問をされた。 質問の内容は、「なぜフリーランスになったか」と「コードを書くときに気をつけていることはありますか」というもの。

フリーランスになった理由については「近い未来皆ががそうなっていく前にポジションをとりたかったから」みたいな感じ。
正直フリーランスになる理由はいくつかあるけど、素直に言えば「やってみたかったから」だよなあ。いつかやってみたいなあと思っていたけど、いまできるのならいまやればいいじゃんみたいな気持ちで前職は辞めたしな。布団に入ったまま働けて、以前の 3 倍以上稼げたらフツーによくないか。

コードを書くときに気をつけていることについては「他人に読まれることを意識して書く」みたいな感じ。

これらの回答って実際にクライアント先に紹介するときの材料にされるのだろうけど、義務教育の正解主義に囚われているので「これでよかったかな」とか考えてしまうな。

フリーランスのお金

税金を納めて最終的にどれくらい手元に残るのかってのがいまいちパッとしてないから勉強しないとなあ。 明日の散歩ついでに下の本でも買って読んでみようかな。

自分の価値を自分で決めて希望報酬を提示するの、とてもエキサイティングなのだけど、今の実力でどれくらいまで提示できるのかの肌感がまったくわからない。 ここらへんは実際にフリーランスの人に話聞くしかないだろうな〜

金は欲しいけど、週5働くよりは、収入減っても週3〜4働くくらいで良い気もしている。 残りの時間で映画をみたり、本を読んだり、音楽をつくったり、動画をとったり、歌を歌ったりしたい気持ちもある。 僕はどちらかというと勤勉なほうじゃないし、だらだらとあのちゃんの画像みたり、深川麻衣ちゃんの母性あふれる笑顔に顔をゆるめたりする時間が好きだったりするので、ぼちぼちやってける感じでもよいかなあという気もしている。

アプリのテストに協力した

夜はポケモンのアプリ開発者のテストに協力した。 複数人でテストしていると、俺のほうがバグ先に見つけるぞみたいな謎のモチベーションが生じるのが面白いと思った。 少しでも貢献ができたのでよかった。 こうしたギバー的な振る舞いはとても心が清々しくなるので KEEP していきたい。

2018-01-10 00:27:05

コメント

コメントを書くにはログインが必要です。