KAKETAN.COM

2018年05月04日

こんばんは。とても心拍数の高い日々を過ごしています。なぜかっていうのは明確にここで描く気持ちが起きませんが、なんだかすごく悲しいような嬉しいような怖いようなそんな気持ちを胸に抱えて生きています。 なんでそんな気持ちになるのかって言うと、それはチャレンジしてるからだと思っています。僕はよく風呂に入りながら自分のことを励ましています。 どういった内容かと言うとお前はすごい。お前は既に最高なんだ。なぜならお前はチャレンジしようとしているお前が不安に感じたり恐怖を覚えているのは苦手なことを克服しようとしているからかもしれない。相手に喜んで欲しいと思ってるからかもしれない。自分じゃなく誰かのために行動しようと思ってるからかもしれない。なのでお前は何もやらないのではなく何かをやろうとしている、それが最高なんだ。といった内容です。

嫌われる勇気っていうのは間俺がすごく大事にしていることなんだけれど、これって何か行動する前に意識するべきことなんじゃないかなと思うんだよね。つまり今田やりたいことがあるときに相手に嫌われるかもしれないが持って何もしないって言うのは良くないってこと。その点で言うと今ちょっとずつだけど自分の本当の気持ちに素直になって何かしようとしていると思う。ただしその行動によって本当に自分が傷つくことっていうのもある。だけどそれはしょうがないんだと思う。 なぜならみんなに好かれる事はできないから。俺は常に自然体でいたいなって言うふうに思っている、真理の人にもそういう風に振る舞っているつもりです。なんだけどその俺を見てなんかよくわからないとか興味がない伝思う人もそれいると思う。それは俺が自分をさらけ出すのが苦手っていうのもあるかもしれないけど想子の自然体の俺を嫌うって言うんだったらそれはしょうがないんだと思う。それをどうにかしようってすることに時間を使うことではないかなと思っている。

なので嫌われる勇気を持っているけれども嫌われることに対して全く傷つかないようになろうって言うことではないんだと思う。それは嫌われる勇気では無い。ただし、傷つくことを少しでも和らげる技術っていうのは別で必要なんだと思う。それはやっぱり自分のことを大切だと思ってくれている人って言うのをちゃんと見極めたり、あるいはそーゆー人たちと出会う機会って言うのをちゃんと作っていくっていうことが必要なんだと思う。

俺はそういう風に思っていてだからこそ大切な人にはちゃんと気持ちを伝えようって言うふうに思って行動している。しかし最近はそれが空回りをしているというか、恐怖から逃れるためにあえて恐怖をぶつけるみたいなことをやっていて結構負担が大きい状態になってしまっている。

理想を言えば俺は適当にやっていきたい。適当にやっていきながらその適当についてきてくれる人たちが周りにいてくれれば1番幸せ様なんじゃないかなと思っている。しかしそれはあくまでも受け身であるように感じられる。今の俺は何かどこかしらでこれを大切にしなければならないんだって思っているところがある。なのでそれを大切にしなきゃいけないんだろうと思う。だけどそれを大切にするには適当ではいられない。なぜならそれは1人で完結しない物語だから。したがってこれは上に書いたような嫌われる勇気といったものをちゃんと抱きながら、ちょっとずつ傷つきながら、ちゃんと起き上がりながら、ちょっとずつでも前に進んでいくことが必要なんだと思う。特に先にも述べたような自分が自然体でいることこれはこれからも意識していきたいと思う。つまり自分の性格を無理矢理変えるということわしない代わりに行動を変える。それは無理矢理変える。なので負荷がかかる。だけどいざ行動するとなるとその瞬間は自分そのものでいられることが大事だと思う。

まとまりがないけれども、今の俺はこういったことを強く思っている。とてもエモーショナルで、心拍数が高く、お腹を常に下している生活を送って、体重も2キロ落ちたけれど、これを誰かのせいにすることが一切ない。だからといって全て自分のせいでもない。これがこの世の法則なんだとなんとなく理ほかない。このどうしようもなさ、これがあるからこそ本当の幸せを手にしたときに、それが幸せなんだと感じるんだと思う。なので俺は最高の人生を送るために今お腹を下している。

2018-05-04 23:44:32

コメント

コメントを書くにはログインが必要です。