2018年10月24日

「もうだめだ……」みたいな感じに気持ちが塞ぎ込んでしまってしまっていたので、二子玉川へ散歩へ行く。

日没が早い。16時台に夕焼けが見れ、だんだん暗くなっていく。

外に出ると、天井がないことへの開放感を覚える。DaiGoが前に言っていたのは、天井が高いとクリエイティブなことやより抽象度の高いことに取り組みやすい、逆に天井が低いと具体的なことに没頭することに取り組みやすいということ。

これに照らすと、最近はただひたすら手を動かすだけだったが、向かっている先でうまくいかないことがあり手詰まり感がでるも、方向修正ができずにオワタ感がでてしまった様子。

やっぱ、ふりかえりをしたり、やっていることを点検するような習慣を身につけないとなあ……

『鬼速PDCA』を読み直そうかな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です